So-net無料ブログ作成
検索選択
読書(ビジネス書) ブログトップ
前の5件 | -

ケリー・マクゴニガル 著: スタンフォードの自分を変える教室 [読書(ビジネス書)]

ケリー・マクゴニガル 著: スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォード大学などというと、小難しい科学論かと思ってしまった。

たしかに精神論から脱却し、科学的に解明しているが、
しかし本書は非常にわかりやすい。

例えば本書の中で、精神コントロールについて瞑想を取り入れている。
一見、瞑想と言うと非科学的に思われるが、
その必要性を科学的に説いているのも面白かった。

また、我慢すること、制限することを目標にかかげるのではなく、
トライすること、始めることを目標にする。

結果は同じだが、考え方を変えるだけで意識がポジティブに働き、
諦めることなく取り組める。

僕が一番好きな項目は、
周りの人の影響をうまく活用すること。

ひとは論理的に動くよりも、
流行などの周りの人の影響が大きい。

皆がやっているから、自分もやりたい。
日本人は特にそうかなと思う。

これが人の性であり、集団意識である。

この性質を利用し、
マインドの高い人、目標とする人を周りに置くことで、
自分もあたかもその人たちと同列に置く。

そうすることで、「自然と」取り組むのが当たり前になり、
習慣化する。

そういったコミュニティに自分を置く工夫、
もしくは意識レベルだけでも、そうすることで大きな変化がある。

このことは僕も学生時代に経験がある。
周りの友人が変わったことで、自分の学力が上がり、
レベルアップした。

逆に、中学デビューで不良たちと付き合い、レベルダウンしたこともある。

こういった身近なことで、
我々の意識を変えてくれるすばらしい一冊である。



共通テーマ:

見城 徹 、 藤田 晋 著 : 憂鬱でなければ、仕事じゃない [読書(ビジネス書)]

見城 徹 、 藤田 晋 著 : 憂鬱でなければ、仕事じゃない

昔堅気の見城氏の見解を、
藤田氏が今風にアレンジし理解しやすい。

旧体質の古い考えだ とついつい反発してしまうところを、
このアレンジがうまく補完してくれている。

居酒屋で上司と呑んでいるような感覚。。。[ビール]

旧体質とアレルギーを起こしてしまうのはもったいない。
辛抱して聞いて(読んで)いくと、業界最先端の思考が見えてくる。

この辛抱ができないことが多いのが現実。
そこを藤田氏が補完してくれているので、すっと入っていける。

今まで避けていた、嫌煙してしまっていた考えも、
自分の中に取り入れることができた。

やはり経営者の思考というものは、
とことんまで自分を追い込み
新しいものを生み出す努力をしている。

旧体質の考えと、避けてしまっていたが、
実は巡り巡って、最先端の思考なのかもしれない。

成功者の思考、行動に刺激を受ける、
これが自分のマインドを上げるためには近道である。 [グッド(上向き矢印)]


タグ:#読書 #本

共通テーマ:

柳井 正 著: 柳井正の希望を持とう [読書(ビジネス書)]

柳井 正 著: 柳井正の希望を持とう

ここ最近、現役の経営者の本を読んでいなかった。
大学生の頃は、よく読まされたものだが。

自分の中で、なるほどと思える経営者のひとりであった柳井氏であったため、
ようやく著者の本を読めたという感じ。

考え方は、まさに僕が日々思うことと同じで、とても安心した。
ルーティンワークに埋没するのではなく、社員ひとりひとりが経営者感覚でいること、
また、新しい仕事は常にあり、優秀な社員はそれが宿命であること。

背中を押された感じがしたし、
そろそろ自分の限界を自分で作ってしまいそうになっていたので、
非常にプラスになった。

学習する意欲も出たし、部下を育てることの重要性も理解できた。
ついつい辛抱強く教育するよりも、自分で仕事をしてしまいがちだった。
彼らを教育し、次世代を気づくことが会社、ひいては社会のためだ。

それも管理職の役割として、しっかり取り組まねば。

震災や円高で、国内企業が海外へシフトし、国内産業が空洞化する危機だという。
そんな中、我々が奮起し、よりよい社会、また倫理観だけでなく、
経済も回復させられるように頑張ろう。

柳井正の希望を持とう (朝日新書)

柳井正の希望を持とう (朝日新書)



共通テーマ:

本田 健 著:ユダヤ人大富豪の教え [読書(ビジネス書)]

本田 健 著:ユダヤ人大富豪の教え

非常に読みやすく、頭にも入りやすい。

どちらかというと、すでに実践済みのことも多く、目新しいことは少ないが、
この読みやすさが、改めて気づきをくれる。

ポジティブ生きるには、甘えだけでもなく、全力で取り組むことも必要という。
しかし、それは自分の生活を犠牲にすることではない。

プライベートを大切にし、そのうえで仲間、家族の理解を得たうえで、
仕事に取り組まなければならない。

逆境も楽しいと思えるよう取り組まねばならない。

非常に当たり前のポジティブシンキングで、こう考えること自体が難しいのだが・・・。
ただ、読んでいると、うまく乗せられたような気になれる。

心理本にしては、物語(ストーリー仕立て)にすることで、
自己投影がしやすいためだ。

本書に疑念を浮かべず、純粋な気持ちで乗せられてみようと思う。
少なくとも、読む前より気持ちは楽になったのだから。

 



共通テーマ:

三田 紀房 著: 成功の五角形で勝利をつかめ! [読書(ビジネス書)]

三田 紀房 著: 成功の五角形で勝利をつかめ!

前回読んだ 汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾
がよかったため購入。この本でだいぶ働く姿勢というものが楽に思えた。

さて、今回購入した本書では、
ビジネスマンに必要なもの、それは学校教科書だと主張されている。

随所にさすがと思われる展開も、
教科書を読み返せと言われる主張は弱い。

コミュニケーションは非常に大切で、世間に出てから必要なもの、
それは度胸とコミュニケーションという点はひとつ賛同するも、
全体のトーンとしては弱かったなあ・・・。

教科書を読み返せ、ビジネス書は読むな、というにはちょっと弱い。

本書だけ古本屋に多く並ぶ理由がわかってしまった。
ちょっと残念でした。

成功の五角形で勝利をつかめ!

成功の五角形で勝利をつかめ!


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(ビジネス書) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。