So-net無料ブログ作成
読書(ミステリー) ブログトップ
前の5件 | -

海堂 尊 著: ジーン・ワルツ [読書(ミステリー)]

海堂 尊 著: ジーン・ワルツ
本書の特筆すべきところは、
物語の中にミステリー要素を前面に出しつつ、
医療問題にメスを入れていることである。
 
不妊治療、体外受精など、
まだまだ我々の知らない分野、
にも拘らず、医療技術の発展が少しずつ生活に入り込んできてます。
 
そんな中、医療の技術に法律が追いつかなかったり、
官僚の判断ミスにより、深刻な医療現場へ負担が発生しているようです。
 
ヒロインは、その問題に立ち向かっていきます。
その手法が、必ずしも正攻法ではないのですが、
計算高く、また美しい。
 
バチスタシリーズとは違った雰囲気で、
個人的には本書は、著者の中で一番好きな作品です。
 
著者お得意の医療犯罪ミステリーではあるのですが、
別作品以上に医療問題がクローズアップされており、
楽しみながら学べる点がオススメです。
 
 
 
【送料無料】ジーン・ワルツ [ 海堂尊 ]

【送料無料】ジーン・ワルツ [ 海堂尊 ]
価格:546円(税込、送料別)



共通テーマ:

藤原伊織 著: テロリストのパラソル [読書(ミステリー)]

藤原伊織 著: テロリストのパラソル

江戸川乱歩賞及び直木賞受賞作のW受賞はダテじゃない。
面白かった。

初めて本書を知ってから10年近く経ってしまった。
いずれ読もうと思いつつ、やっと読めた。
その間に著者が亡くなってしまったのは残念でならない。

アル中が主人公とあって嫌煙していたのは確か。
ただ、雑誌「ダ・ヴィンチ」などのランキングで、
読むとお酒が飲みたくなる小説ランキングでトップ10入りしている。

ことにウィスキーを飲むシーンが多い。
村上春樹に出てくる小説では、ウィスキーを嘗めるという表現が近いが、
こちらの小説は「呑む」に近い。

右とか左系の小説が好きだが、村上龍 的なテイストもあった。

主人公は学生闘争の折、事故で爆発した爆弾製造容疑にかけられてしまう。
潜伏を続けて数年、日常通う公園で爆破テロに遭遇して・・・。

見どころは多いが、浅井という元警察官のヤクザとの友情、
このシーンなどはまさにハードボイルド。

ホームレスやら宗教やら、設定も幅広い。

最終的に、偶然が重なりすぎてる・・・と一瞬興ざめしたが、
実はそれは犯人の計画のひとつだった。

人間模様を描くのが巧みで、本書との出会いは遅くなったが、
ちゃんと読了できてよかった。

これはオススメ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%AB



共通テーマ:

誉田 哲也 著: ストロベリーナイト [読書(ミステリー)]

誉田 哲也 著: ストロベリーナイト

泣き、笑い、悩み、怒り、驚き、
いくつもの感情が描かれ、
そして読者にも伝わるすばらしいミステリー小説。

一部、残虐な描写があるためそこさえ我慢できる方なら
(全体の10~20ページ分くらい)
ぜひお薦め。

ヒロインの姫川玲子、女性で若くして警部補。
警察小説と聞いていたので、意外に感じたが、
読み進めると警察小説のイメージを根底から覆す。

玲子がどうして警察に入ったか、プライベートはどうか、
ここがまた面白い。

恋や結婚話など、笑えるシーンも満載。
そして結末は・・・。

著者誉田氏は初めてであったが、本当によくできた作品だった。
著者を知らなく、衝撃を受けたのは矢口氏著の「償い」以来であり、
それ以上だと感じた。

ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/09/09
  • メディア: 文庫


nice!(21)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

矢口敦子 著: 償い [読書(ミステリー)]

矢口敦子 著: 償い

著者のことはまったく知らなかった。
にも関わらず、いろいろな書店で平積みになっており、
気にはなっていた。

POPなどを見ているうちにさらに気になって・・・。

そのPOP、赤坂文教堂もそのひとつ。
しかし僕はそことは相性が悪い。

店員さんと相性が悪いことはたまにある。
POPってシステムは、生の声を感じ非常に好きであるが、
どうしても相性って出てしまう。

批判ではなく、十人十色。
いたしたかない。

そのため勇気がなく、なかなか手が出せなかった。
そんな中ブックオフで見かけ、この値段なら失敗してもっと購入。

読んでみると、斬新で非常に面白い。

ホームレスが主人公!?新しい。
自分とあまりにかけ離れてており、感情移入も心配されたが、
それでも引き込まれていく。

その他の登場人物もまたキャラが立つ。
長編であるが読みやすいし、著者の潜在能力の高さが感じられる。

テーマは連続殺人を、ホームレスである主人公が解決に導く・・・、
というところなのだが。
一言では表現できない奥深さ。そして償いというタイトルの意。

ミステリーらしいミステリーでありながら、
新しさを感じられる一冊。

償い (幻冬舎文庫)

償い (幻冬舎文庫)

  • 作者: 矢口 敦子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

森 博嗣 著 : 夏のレプリカ [読書(ミステリー)]

森 博嗣 著 : 夏のレプリカ

あれ?思ったより読みやすい。
そう思ったのが最初の印象である。

著者作品、「すべてがFになる」 を読んだのは数年前。
面白くはあったが、なかなか難しかった。

しかし今回の本書は特に森作品としては毛並みも違う革新的作品。
しかも別作品と合わせて読める構成になっている。

具体的にいうと、二冊の別作品が時間的に絡み合っている。
つまり事件は同じ主人公の間で二つ同時に起きている。

しかし一方を読まなくともひとつの作品だけでも楽しめる。
実は購入してすぐに読んだとき、いきなり二章となっていたので、
買い間違えたのかと思った。

本書はもう一方の作品と合わせて読めるため、偶数章しかない。
しかも目次には各章のタイトルの頭に 《偶》が付く遊び心も。(例えば 偶然の~など)

そんな予備知識もなかったもので焦った焦った。
ちょっと不親切過ぎやしませんか(笑)
まあ何はともあれ楽しめた。

シリーズものではあるが、さすが。
最後の展開は本当にびっくり。
でもでもそれをやっちゃうと、ミステリーでなんでもできちゃうんじゃない?
なーんて思ったりも。

まあ森作品としては革新でもあるし、何も考えず没頭してみましょう。
普通以上に楽しめるので。

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫)

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 文庫


nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(ミステリー) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。