So-net無料ブログ作成
検索選択
吉本 ばなな ブログトップ

再読のススメ [吉本 ばなな]

吉本 ばなな著 キッチン

キッチンが一番の居心地の良い場所であるというヒロイン
そんなヒロインの日常生活が、透明感ある描写で描かれている。
途中、身近な人の死に直面し、大きな心情の揺れはあるが、
透明感ある描写自体は揺るがない。

僕は、大学時代に本書を読んだ。
世間的な評価と比べ、自分には大きな感動はなかった。
それよりも、ただただ透明感ある文章の印象が強かった。

今、大学生である僕の妹は、
本書を「透明感はあるが、何故そこまで評価されるのかわからない。」 という。
なるほど、僕も同じ歳の頃はそう思っていた。

しかし先日、再読してみると、当時感じなかった細部にわたる文面から、
描写の繊細さを感じた。
年齢的なものなのか、経験を積んだからなのかは自分でもわからない。

再読とは、同じ本を2度読むという行為だけに止まらない。
それ以上に、得られるものがあると改めて感じた。
自分の状況、環境、心理面、肉体面、全て一度読んだ「あのとき」とは違うはずだ。

みなさんも、一度読んだ本、忘れた頃にもう一度読んでみては如何でしょうか?
新たな発見があるかもしれませんよ。

キッチン

キッチン


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
吉本 ばなな ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。