So-net無料ブログ作成
奥田英朗 ブログトップ

奥田英朗 著: マドンナ [奥田英朗]

奥田英朗 著: マドンナ

ここ最近、奥田英朗がマイブームである。
といっても、もともと好きで空中ブランコなど、シリーズで読んでいた。

そして空中ブランコがアニメ化したり(←ねこプリンさんのブログで知りました)、
とにわかに世間的にも注目されてます。

そして何故か五反田ブックオフは、奥田氏の本が100円になることが多く。。。
なんてある意味贅沢な!!

と複数の事象が重なり読みまくり中、さて内容は。

世代は違うが同じ管理職、
課長の悲哀が描かれていて共感が持てた。

上と下に挟まれた上、管理と実務、
両輪として働かなければならないのは大変だ。

ここで描かれているのは、自分と違い四十代子持ちというのが多いが、
短編集のためいろいろなシチュエーションが面白い。

部下に恋する課長、女上司に違和感を感じる課長、
家族とうまくいってない課長。いろいろだ。

最後は何か達観や、割り切りがうまれ、
本人たちの考え方が変わる。

自分に置き換えると、「そうそう」と共感したり笑ったり。シミジミできる一冊。

女性でも、必ず会社の似た誰かさんを探せるかも。
奥田氏はミステリーも含め、ジャンルが幅広い。
そして飽きさせない。代表作って他にもたくさんありそう。開拓します。

マドンナ (講談社文庫)

マドンナ (講談社文庫)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 文庫


奥田英朗 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。